疲労を回復する食材とは?

MENU

人気閲覧ページランキング

疲労を回復する食材とは?

まずは、体の疲れを取り体調を良くする食材について紹介します。

 

疲労回復に適した食材とは、
エネルギー源である糖質を体内で作り出せるようになるのに
必要不可欠な栄養素・ビタミンB1を多量に含む食材・・・
つまり、豚肉や肉のレバー、ウナギ、小豆などです。

 

肩こりに関するか所でも少し触れましたね。

 

ほかにもビタミンB1を含む疲労回復に有効な食材を挙げるなら、
玄米や胚芽米、はちみつ、みかんなどです。

 

最初の方で挙げましたが、体が疲へいした時に甘いものを食べたくなるのは
エネルギー源である糖質が求められるからなのです。

 

しかし疲労回復のためといって糖質ばかりを摂取しても
体内でビタミンB1が不足していると糖質が上手くエネルギーに変換できず
単に血糖値が上がるだけの結果となり、逆に倦怠感を増してしまいます。

 

ビタミンB1は“疲労回復ビタミン”とも呼ばれ、
体内の糖質がエネルギーなるために必要不可欠な栄養素なのです。
疲労回復には、まずはビタミンB1を多量に含む食材を摂取しましょう。

 

そして、このビタミンB1を効率よく摂取しようと考えるなら
上に挙げたビタミンB1を多く含む食材を
ニンニク、ニラ、玉ねぎなどと一緒に食べると吸収率がぐんと高まります。

 

また、新陳代謝を高める栄養素である
アスパラギン酸を含んだ食材も身体の疲へいにお勧めです。

 

アスパラギン酸を多量に含むアスパラガスは
疲労の回復に効くだけではなく、免疫力を高めたり
高血圧や心臓病などの予防や治療にも有効な、非常に優れた食材です。

 

ほかに疲れの解消に有効な栄養素としてはクエン酸が挙げられます。
クエン酸は疲れに効くうえに新陳代謝を高め、
血中のコレステロールや中性脂肪を減らす働きを持っています。

 

このクエン酸を多量に含む食材として、梅干しや酢、りんごがお勧めです。
クエン酸を含む食材のサッパリした酸味は食欲の増加にも効果大です。


 

 

最短7日間で若かりし頃のエネルギッシュな自分に戻る!