マッサージによる効果的な疲労回復法

MENU

人気閲覧ページランキング

マッサージによる効果的な疲労回復法

マッサージの効用、ご存知ですか?

 

マッサージを行うことにより血液の流れやリンパの流れを良くし、
体のこりや緊張をほぐすことができます。

 

また、マッサージを受けるとリラックスすることができるので
精神的な疲へいやストレスも、緩和したり解消したりが可能です。
つまり、マッサージは疲労回復の方法として非常に効果的なのです。

 

基本的なマッサージの動作としては、「さする・もむ・叩く」があり、
この三つを組み合わせてマッサージを行います。

 

リンパマッサージでは特に「さする」動作が効果的ですが、
こりを直接ほぐす場合は「もむ」「叩く」の方が有効となります。

 

どの動作も強く力を入れすぎると逆に症状がひどくなることがあるので、
物足りない強さからはじめてみて、気持ちいいと思える強さを探しましょう。

 

マッサージの効果をアップするためにはいくつかの方法があります。
部屋の明かりを消して暗い中で集中して行ったり、
アロマオイルやお香など、好きな香りを使うと効果が上がります。
また、自然な姿勢と自然な呼吸を意識することでも効果はアップします。

 

くわえて、ツボ押しと併用するのもお勧めです。
ツボ押しを行う前後にマッサージを行うと、ツボ押しの効果は上がります。

 

 

疲れ解消マッサージ

いくつか、疲れやすさを解消するためのマッサージを紹介しますね。
目のマッサージは先の項で紹介しているので、ここではそれ以外を
やり方の手順とともに紹介していきます。

 

頭のマッサージ

一つめは頭のマッサージです。

 

指で頭を強く押す

指を全部使い、こめかみから頭頂部にかけて
頭全体を強く圧迫していく。

 

握り拳で優しく叩く

拳をにぎって、頭全体を優しく叩く。

 

首や肩のマッサージ

二つめは首や肩のマッサージです。

 

右に頭を倒して、左首〜肩まで伸ばす(反対も同様)

頭を右に倒して、右手で頭の左部分を持つ。
息を吐きつつ左の首から肩までを伸ばす。反対も同様に行う。

 

首をゆっくり回す

深呼吸しながら首をゆっくり3回回す。こった部分は特に丁寧に。

 

肩を上げて、下げる

息を吸いながら肩を上げて、肩の上げ下げを行う。
吐きながら持ち上げた肩を落とし、これを3セット繰り返す。

 

背中や腰のマッサージ

最後は背中や腰のマッサージです。

 

仰向けの姿勢から両ひざを胸に近づける

仰向けになり両ひざを立て、胸に向かって近付ける。

 

右手で左ひざを抑える

両ひざを右に倒すようにして、右手で左ひざを軽く押さえる。
そのまましばらくの間リラックスした状態を保つ。
反対側も同様にして行う。

 

 

疲労回復マッサージの秘けつは、こりが溜まったらすぐに行うことです。
どれも簡単な動作で手軽にできるので、
仕事の休み時間にでもやってみるのをお勧めします。

 

また、毎日の習慣として行えばマッサージの効果がアップするでしょう。


 

 

最短7日間で若かりし頃のエネルギッシュな自分に戻る!