入浴で疲労をすっきりさっぱり取ろう!

MENU

人気閲覧ページランキング

入浴で疲労をすっきりさっぱり取ろう!

お風呂はお好きですか?
こう聞かれれば、日本人の多くが「好き」と答えるでしょう。
私も気分転換ができて、心身ともにさっぱりできるお風呂が好きです。

 

たっぷり溜まった一日の疲れを取るのは、何といってもお風呂。
心身ともにリラックスできるお風呂は、疲労解消の強い味方です。
ここでは疲労回復と入浴との関わりを見ていきますね。

 

 

3つのポイントが大事

まずは、なぜ入浴は疲れを取るのに効果があるのか?
ただ「気持ちいいから」だけでは効果の証明にはなりませんね。
疲労解消には入浴の持つ三つの大きなポイントが関係してくるのです。

 

「静水圧」

一つめのポイントである「静水圧」ですが、
これはお風呂の中で体にかかってくる水圧のことを示しています。
静水圧によって心臓の動きが活発化し、血行やリンパの流れも
同様に活性化します。静水圧はマッサージと同じ効果を持っているのです。

 

静水圧はむくみ解消の効果もあるので
立ち仕事の場合など、特に足に疲労が溜まりやすい人にもよいでしょう。
ただ、心臓に負担がかかりやすくなるので、
長く入浴して疲労回復に努めるなら半身浴にしておきましょう。

 

半身浴とは胸から下だけ浸かる入浴法で、腕は浴槽の外に出しておきます。
体温よりも高めの37、8℃のお湯で30分ほど浸かります。
だんだん体の芯から温まり、この入浴法だと湯冷めすることがありません。
代謝が高まることで健康に良いだけでなく、ダイエットにも効果的なのです。

 

「温熱」

二つめのポイントは「温熱」で、これは
お湯に浸かると交感神経の働きで代謝能力が高まることを指します。
新陳代謝が促されることで体内の疲労物質や老廃物が排出され、
体に溜まった疲へいが解消されていくのです。

 

ぬるめのお湯だと副交感神経が働いてリラックス効果を生むので、
心身ともの疲へいを感じる場合は、ぬるめのお湯に浸かるといいでしょう。

 

「浮力」

三つめのポイントは「浮力」です。
お湯の中では浮力が働いて体重が1/9ほどの重さになるので、
浴槽の中で力を抜けばふわふわとした浮遊感が味わえるのです。
浮遊感にはリラックス効果があるので、ストレスの軽減に効果的でしょう。

 

 

以上に挙げた三つの、入浴におけるポイントが疲れを取ってくれるのです。

 

次に疲れやすさを解消させるのに効果的な入浴方法について。
特に体の疲へいに効果がある入浴法を挙げますね。

 

湯の温度を43℃前後に設定し、短く10分間くらい入浴しましょう。
熱いお湯に浸かり疲労物質を取り除き、筋肉の疲れをほぐすのが狙いです。
また、汗をかくことで老廃物排出の働きを高める効果も期待できます。
表面だけでなく芯から体を温めるために、半身浴にするのがお勧めです。

 

入浴中に簡単なマッサージを行うのも効果的ですね。
方法は、体を洗う時に、はじめに関節を押してからリンパ腺を開放します。
下から上へ・外から内へといった感じで、関節を押しつつ体を洗います。

 

最終的に左脇にリンパ液を集めるような感じで洗えば
簡単ながらも、リンパマッサージが完成します。

 

今度は心の疲れに効果がある入浴法を挙げますね。

 

湯の温度を39、40℃程度に設定し、20分間くらい浸かりましょう。
体の力を抜いてリラックス状態を保って入浴し、
ストレスの原因となる物事に関してはできるだけ考えないようにします。
目をつむり、浮力に任せて手足をバタバタお湯の中で動かすのもいいですね。

 

これはぬるめのお湯に浸かることで副交感神経の働きを高めつつ
血行を良くし頭に集中しがちな血液を分散し、緊張を和らげるのが狙いです。
リラックス効果を得るとともに脈拍も緩やかになり、
心身を眠りに付きやすい状態に持っていくことができるのです。

 

 

どうでしょうか?
疲れも吹っ飛びそうなこの疲労回復入浴法、ぜひ試してみて下さいね。

 

また、度々説明中に登場している交感神経と副交感神経については、
後の項であらためて説明していきたいと思います。


 

 

最短7日間で若かりし頃のエネルギッシュな自分に戻る!