疲労感を覚える時

MENU

人気閲覧ページランキング

疲労感を覚える時

この項では、「疲労感を覚える時」というのは
一体どんな状態なのかということを見てみましょう。

 

まずは身体面の状態に関して。
・体のだるさ
・体が重く感じる
・疲れが取れない
・心臓がどきどきする
・息苦しくなる
・めまいが起こる
・肩がこる
・腰の痛み
・目の痛み
・頭痛がする
・頭が重く感じたり、ずきずきと痛む
・眠れない
・寝ても何度も目が覚める
・食欲がなくなる
・食事を美味しいと感じなくなる

・便秘・下痢を起こす
以上のような状態が挙げられます。

 

また、精神面の状態に関しても挙げてみましょう。
・イライラする
・怒りっぽくなる
・やる気が出ない
・憂うつになる
・楽しいことを楽しいと感じられなくなる
・落ち着かない
・心細さを感じる
・精神的な不安定
・幻聴が起こる
などの状態がそうだといえます。

 

そして、生活的な面から見た状況に関して挙げてみると、
・服装が乱れる
・昼夜逆転した生活を送る
・不規則な生活を送る
・ミスが増える
・遅刻が増える
・ぼんやりしていることが多くなる
・外出したくなくなる
・人に会うのが嫌になる
・リストカットなどの自傷行為を起こす
などが疲労感をおぼえている状態です。

 

この、生活面から見た状況は精神的な疲れを原因とする場合が主ですね。
ただちょっとボーっとしてるだけや心配ごとがある、元気がない、
疲れ気味、睡眠不足・・・のような場合にも見えるので判別は難しいですが。

 

それでも、リストカットや幻聴に至るまでに発見しなくてはいけません。

 

上で挙げた、心と体の疲へいの状況に複数当てはまった場合は
疲労の状態にあるといってほぼ間違いないと思います。
本人に自覚がなくても、確実に疲労感を感じていると言えます。

 

繰り返しになりますが、疲労は体が発する救命サインです。
一つ一つはささいなものかもしれませんが、見すごしている内に
ひどくなっていくと、うつ病や慢性疲労症候群を引き起こしかねません。

 

自分自身の疲労状態に気を付けるほか、家族や周りの人たちの状態にも
できるかぎり気を配って見てあげて下さいね。


 

 

最短7日間で若かりし頃のエネルギッシュな自分に戻る!