仕事による疲れやすさ

MENU

人気閲覧ページランキング

仕事による疲れやすさ

疲れやすさというものを考える上で、原因として一番に挙げられるのが
仕事による心身の疲労でしょう。
働きすぎと言われて久しい現代日本ならではですね。

 

毎日決まった職場におもむき与えられた仕事をこなす会社員や、
自分たち独自の仕事を行う自営業、
ほかにも公務員や創作活動系、肉体労働系など“仕事”の
種類は非常に幅広いですが、そのどれもに負担がともないます。

 

また、単に肉体的な疲へいだけではありません。
職場の人間関係や取引先との付き合いなど、
人間関係によっても“仕事”には精神的な負担が生じるのです。

 

この、仕事をすることによって生じる心身の疲へいですが、
その根底にあるのは仕事を仕事だと考えるから・・・
働くことの目的に据えるから、自分に課せられたノルマだと考えるから
心身の負担となり、疲れやすさを生み出していってしまうのです。

 

ただ、これは「働かざる者食うべからず」の精神の通り、
毎日を仕事に追われて生きる人たちが絶対的多数を占める現代の日本では
ある意味仕方のないことかもしれません。

 

また、真面目すぎる日本人の気質に従って、仕事を完璧に、
頑張ってこなそうとする心情も負担に拍車をかけているのです。

 

しかし仕事による疲れの回復方法としては、
肉体的な疲れならば休養を取ってゆっくりと体を休めて
リラックスさせることで、大部分を解消することができます。

 

精神的な疲労であれば先述の通り解消は困難になってきますが、
仕事に対する感情を前向きなものに変えることができるなら
短期間での精神疲労の回復も十分に見込めます。

 

仕事を重荷に考えてしまうと疲れを増加させてしまうと先に書きましたが、
仕事のために“何をするべきか”で考えるのではなく、
“何をしたいか”として考えて行動すれば心身の負担も和らいできます。

 

仕事に関する気の持ちようや姿勢、
そして一定のモチベーションを保つことが、
仕事で生じる心身の疲労を解消するための、大きな切っ掛けになるのです。

 

ただし、問題が人間関係にあるのなら
疲れを解消するには長期間の治療が必要になってきます。
人間関係に関する疲労に関しては、後の項で詳しく述べていきますね。


 

 

最短7日間で若かりし頃のエネルギッシュな自分に戻る!