女性の疲れやすさ

MENU

人気閲覧ページランキング

女性の疲れやすさ

なぜわざわざ“女性の”として項目を分けるのかというと、
女性には特有の心身の疲れやすさがあるからです。

 

では、女性特有の疲れとは一体何でしょうか?
よく「女性の方が男性よりも疲れやすい」と言われますが、
実はそれは間違った認識なのです。

 

一般的に女性は男性よりも基礎体力の面で劣っていると言えます。
それは運動能力で劣るといったことにつながります。
しかし基礎体力が劣る、イコール疲れやすい、とはなりません。

 

疲労とは運動を行った度合いや、摂取した栄養や
休息・休養の度合いのバランスによって引き起こされるものなので、
体力に劣るとはいえ、「女性だから疲れやすい」とは決して言えないのです。

 

それでは、男性と女性の疲れやすさに違いがあるのか?
違いがあるとすればどこが違うのか?

 

答えを述べると、違いはあります。
それが女性特有の疲れやすさということになるのです。
女性特有の心身の疲れの要因・・・それは、ホルモンバランスの乱れです。

 

女性には月経があり、毎月毎月ホルモンの状態が変化しています。
ホルモンバランスの乱れは心身の疲へいやだるさを引き起こします。
これが、女性特有の疲れやすさの原因なのです。

 

ただ、ホルモンの分泌量が増える時期に体調が良くなる体質を持つ
人もいるので、一概に不調を起こすばかりとは言えないようです。

 

しかし、このホルモンバランスの乱れが
更年期障害の最たる原因になるということを考えれば、
ホルモンバランスは女性特有の疲れの重要な要因と言わざるをえません。
更年期障害は疲れやすさ生み出す病気の一つにも数えられますから。

 

また、精神的な面から見ると
男女参画が叫ばれて久しい世の中ではありますが、まだまだ女性の立場は
男性より弱いものだと判断するしかない場面も、社会では多々あります。

 

特に仕事を行っていく中では避けて通れないものです。
そういった女性の立場の弱さからストレスを受け、
精神的な疲へいを溜めていってしまうこともあるのです。

 

さらには、感情的な面が特に発達し
理論的に物事をとらえるのが苦手だと考えられる女性の脳に関することでも、
女性特有の疲れやすさの原因を見出すことができます。

 

感情的な女性の脳は一般的にミスや失敗などを男性よりも深刻に受け取り、
いつまでも悩み落ち込んでしまう傾向を持っています。

 

こうしたことから仕事や日常生活の中でのミスによって
なかなか立ち直ることができず、ストレスを溜めていってしまうのです。

 

以上のことから、女性の疲れは大きく分けると
女性を取り巻く社会的・環境的なものと、
心と体の構造的なものとの二種類の要因があると言えます。


 

 

最短7日間で若かりし頃のエネルギッシュな自分に戻る!